FC2ブログ
やました農園(いちご/あまおう)
減農薬から無農薬栽培へ新しい挑戦を続けています。食卓の笑顔の1粒になれれば嬉しいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミツバチが教えてくれること
ミツバチが死んでいた。

受粉作業をする格好で。

最後の最後まで働き者なんだね。

ゴメンね、ありがと。意味のある一粒に育てます、必ず。

ミツバチが教えてくれること 無農薬 いちご あまおう


親しくさせて頂いているミツバチに詳しい方が教えてくれました。

ミツバチは真冬以外巣箱の中で死ぬことはなく、
死に場所はいつも『仕事場』なんだ、とー。
これが本当の死に方なのかも知れません。
農薬と縁を切って写真のような花の上で死んでるミツバチを見る機会が増えました。

イチゴで使う農薬の中には、花粉に濃縮されるものがあり、
散布した時の8倍くらいにまで濃く花粉にたまるそうです。(文献にて。)
これは、花粉を食べて悪さをする虫を退治する人の知恵だとも言えますが、
ミツバチにもダメージを与えてしまいます。

農薬散布の際、フラフラしながら飛んでいたミツバチ。
農薬が原因と思われる、一面に死骸が広がった光景。
思い出します。
そんな過去に戻らなくてよいようにしなければ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。