やました農園(いちご/あまおう)
減農薬から無農薬栽培へ新しい挑戦を続けています。食卓の笑顔の1粒になれれば嬉しいと思います。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
引っ越します
こんにちは、やました農園です。

今後、下記のアドレスに集約することにしました。

宜しくお願い致します。

http://yamashita15.com/
スポンサーサイト
ミツバチが教えてくれること
ミツバチが死んでいた。

受粉作業をする格好で。

最後の最後まで働き者なんだね。

ゴメンね、ありがと。意味のある一粒に育てます、必ず。

ミツバチが教えてくれること 無農薬 いちご あまおう


親しくさせて頂いているミツバチに詳しい方が教えてくれました。

ミツバチは真冬以外巣箱の中で死ぬことはなく、
死に場所はいつも『仕事場』なんだ、とー。
これが本当の死に方なのかも知れません。
農薬と縁を切って写真のような花の上で死んでるミツバチを見る機会が増えました。

イチゴで使う農薬の中には、花粉に濃縮されるものがあり、
散布した時の8倍くらいにまで濃く花粉にたまるそうです。(文献にて。)
これは、花粉を食べて悪さをする虫を退治する人の知恵だとも言えますが、
ミツバチにもダメージを与えてしまいます。

農薬散布の際、フラフラしながら飛んでいたミツバチ。
農薬が原因と思われる、一面に死骸が広がった光景。
思い出します。
そんな過去に戻らなくてよいようにしなければ。
冷蔵庫の掃除
イチゴで使うプレハブ冷蔵庫の掃除の様子です。

収穫したらまず冷蔵庫でしっかり冷やしてから
パック詰めなどの作業をしていきます。

長時間の作業なので冷たい苺を触り続ける指はジンジンしてしまいます。
そして、その指はほんのり甘い匂いがー。

シーズン中は、毎日のことですので、
この指の香りは風呂に入ってもなかなか取れません。
布団で寝てるときも指からの香りがきっかけになるのか、
なぜかパック詰めしてる夢を見てしまいます。


無農薬あおまう プレハブ倉庫の掃除

天井拭き取るとき雫でびちょびちょに。進歩がないらしい。
アルコール除菌してると、少し酔いました。飲んでもないのに。


無農薬あおまう プレハブ倉庫の掃除

床にはスノコを敷きます。結構重いです〜。
ふため
例年と比べても生育がゆっくりだなぁ〜

ゆっくり過ぎる!!

と心配してたら、2芽だった。双子ちゃんだ。

こりゃ栄養管理、より気が抜けなくなった。

無農薬あまおう やました農園 2芽
勉強会(12/1)
こんにちは、やました農園です。

今年のイチゴは様子がいつもと違って、花がバラバラ。
ほんとは一斉に咲いている頃なのにー。

イチゴを収穫するために、
花を確実に計画的に咲かせる技術はとても大事なこと。
そのために、夏の終わりから栄養状態や温度・日長など
できるかぎりの環境を合わせて来たのにバラバラになってしまった。
こんなことは初めてです。今年はん?なんか違う〜の連続です。

さて、お声をかけて頂き参加させて頂いた勉強会で、
今後につながる研究成果を拝聴してきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生育促進を焦るあまり、
肥料のやり過ぎによる徒長はすべての点において無駄だという。

無農薬あまおう 12/1勉強会01




無農薬あまおう 12/1勉強会02



無農薬あまおう 12/1勉強会03



無農薬あまおう 12/1勉強会04






栄養過多では成長ホルモンの働きがつよく出る。
無農薬あまおう 12/1勉強会05



花や果実を獲るためにはジベ濃度下げたい。
無農薬あまおう 12/1勉強会06



20131201-勉強会07



エチレンをうまく導きだす栽培技術
無農薬あまおう 12/1勉強会08



同時に、病気への抵抗性を活性化させる栽培技術。
無農薬あまおう 12/1勉強会10


薬剤を使わずして同等の成果を導く。
無農薬あまおう 12/1勉強会11
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。